蜂からとれる蜂の子やプロポリスって何?

蜂から採取できる蜂の子やプロポリスは、非常に栄養価が高く、食品やサプリメントとして人気を博しています。
それでは蜂の子とプリポリスの原料や特徴は何なのでしょうか?

蜂の子

蜂の子は、いってしまえば「蜂そのもの」です。
蜂の巣の中に入る幼虫や、サナギを採取したのが蜂の子なのです。
調理して食されることもあれば、採取したまま生で食べられることもあります。
サプリメントの場合は、粉末にしてカプセルに詰められることが多いです。
原料になるのはミツバチやスズメバチ、アシナガバチなど、色々な蜂の幼虫です。
蜂の子を採るための単独の種は存在しません。
蜂の子として使用される幼虫は「オス」が多いですが、中でもそれが顕著なのはミツバチです。
基本的にオスの蜂は子孫を残すために存在するので、花の蜜を集めるなどの「働き蜂」としての仕事は与えられていません。
つまり働き蜂は女王蜂以外の「メス」が担当しているのです。
そして蜂の中でもミツバチのメスは後述の「プロポリス」や、「ローヤルゼリー」を生成する力をもっています。
栄養価が高く、健康食品やサプリメントとしても人気ですが、どちらも採れる量が少ないため希少なものです。
プリポリスやローヤルゼリーの作り手を確保するため、ミツバチは特にオスを蜂の子として採取する傾向があります。

プロポリス

プロポリスは「天然の抗生物質」とよばれるほど、抗菌作用の強い物質です。
樹液や樹脂を中心に、蜂自身が分泌するホルモンやミツロウを混ぜ合わせ、咀嚼していくことでプロポリスが作られます。
これを巣の補強や修繕に用いることで殺菌を行い、巣を清潔な状態に保つのです。
一つの蜂の巣には数万の蜂が住んでいますから、清潔さを保つのは難しく、そして重要な課題ともいえます。
プロポリスは人が摂取しても有効で、抗炎症作用があり、身近な口内炎や咽頭炎などを鎮めてくれます。
またプロポリスに含まれるフラボノイドは抗酸化作用が強く、体内の活性酸素を取り除くことで、細胞の酸化を防ぐ効力があります。
細胞の酸化は、老化に直結しているので、プロポリスを摂取することでアンチエイジング効果も期待できるのです。