蜂の子は耳にいい

蜂の子に含まれる成分は難聴や耳鳴りの改善に効果的と考えられていて、非常に耳にいい食材といえます。
全ての耳の不調に…とまではいえませんが、例えば血流の悪さや、心身へのストレス、または老化が原因となっている難聴や耳鳴りであれば改善が見込めます。

蜂の子には必須アミノ酸9種類を含めた、18種類程度のアミノ酸が含まれています。
加えてミネラル成分も豊富です。
アミノ酸やミネラルには血液の状態を改善し、健康的に保つ効能があります。
ドロドロの血液は血管を狭めたり、詰まらせたりと、なめらかな血流を阻害してしまいます。
しかし蜂の子で健康的な血液を保てば、全身にきちんと目が巡り、血行の悪さは改善されます。
血流がよくなれば、それが原因になっていた耳鳴りや難聴も、改善させることができます。

また、蜂の子に含まれる「トリプトファン」は、ストレスから発生する耳の不調の改善に効果があります。
このアミノ酸の一種であるトリプトファンは、体内でセロトニンへと変換されます。
セロトニンはドーパミンやアドレナリンと並ぶ神経伝達物質の一つ。
ドーパミンやアドレナリンは、興奮や緊張、快楽などに結び付きますが、セロトニンは精神の昂ぶりを鎮め、自律神経を整える役割があります。
ドーパミンやアドレナリンばかりが多く分泌されると、心身は休まることができず、十分な睡眠をとることも難しくなります。
しかしセロトニンがそれを抑え、深い眠りをとることができれば、精神も肉体もリラックスしてストレスを軽減させることができるのです。
そうすればストレスが原因だった耳の不調は、徐々に快方に向かっていきます。

加えて、蜂の子にはタンパク質も豊富に含まれています。
タンパク質は、皮膚や筋肉、内臓、爪、髪の毛など、人の体を作るうえで大部分を占める大切な物質です。
ですからタンパク質の豊富な蜂の子を摂取することは、体を丈夫にして、脳や内臓の機能を高めることにも直接的につながるのです。
体の機能が高ければ、代謝もよく、若々しい心身を保つことができます。
いわゆるアンチエイジングを行なえるので、老化が原因の耳の不調を改善したり、事前に予防することができるのです。